天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

津久見市、がれきの試験焼却へ/太平洋セメント工場

2012/05/29 16:53

 記者会見で、がれきの試験焼却を実施する意向を表明する大分県津久見市の吉本幸司市長(手前)=29日午後、大分県庁
 記者会見で、がれきの試験焼却を実施する意向を表明する大分県津久見市の吉本幸司市長(手前)=29日午後、大分県庁

 大分県津久見市の吉本幸司市長は29日、東日本大震災で発生したがれきの受け入れの可否を検討するため、市内にある太平洋セメント大分工場でがれきの試験焼却を実施する意向を明らかにした。実施時期は6月の定例市議会の閉会後となる見通しで、九州では北九州市に次いで2番目の試験焼却となる。

 吉本市長は同日、大分県庁で広瀬勝貞知事と面会し、試験焼却を実施する方針を伝えた。県は今後、太平洋セメント側と試験焼却の詳細について協議する。

 県庁で記者会見した吉本市長は「市長として腹を決めた。実証実験をしてデータが出ないことには議論は進まない」と強調した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.