天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

石川県、停止原発にも核燃料税/17%に引き上げ発表

2012/05/21 18:21

 石川県の谷本正憲知事は21日、北陸電力志賀原発1、2号機(同県志賀町)に課す核燃料税について、停止中も課税対象とし、税率を現行の12%から17%に引き上げると発表した。6月県議会に新条例案を提出し、可決されれば総務相の同意を得て10月に施行する。

 停止原発への課税は福井、青森両県に続き3例目。

 谷本知事は県庁内で記者団に、課税理由について「東京電力福島第1原発事故を受け、防災対策を講じる範囲が10キロから30キロに広がり、財政需要が大幅に増加した」と説明した。21日に北陸電へ申し入れた。北陸電は「提示内容は大変厳しいが検討したい」とコメントした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.