天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

住民投票で耐震改修支持が6割/鳥取市庁舎めぐり

2012/05/20 23:21

 耐震性が低いと診断された鳥取市庁舎について、市が提案する新築移転と、市民団体が主張する耐震改修のどちらが妥当かを問う住民投票が20日実施され、即日開票の結果、改修支持票が6割を占め大差をつけた。

 竹内功市長は同日夜、市役所で記者会見し「議会の意向などを確認し、結果を尊重したい」と表明した。

 投票率は50・81%。改修支持4万7292票に対し、新築支持は3万721票だった。同市によると、市庁舎整備の在り方をめぐる住民投票は全国でも珍しい。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.