天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

米軍の馬毛島視察で防衛省と調整/所有する開発会社

2012/05/15 12:49

 鹿児島県西之表市の馬毛島への米軍空母艦載機の陸上空母離着陸訓練(FCLP)移転問題で、島の大半を所有する東京の開発会社「タストン・エアポート」が、防衛省と米軍による現地視察に向け、調整を進めていることが15日、分かった。

 タストン社の立石勲会長が、馬毛島で記者団に明らかにした。

 立石氏によると、移転をめぐる防衛省との交渉は昨年11月に中断したが、最近になって再開。立石氏は「現地を見て(移転可能か)判断した方がいいということで調整している」と述べた。

 馬毛島は昨年6月の日米合意でFCLPの移転候補地と明記された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.