天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

京都市長選情勢、現職が先行/追う共産系新人

2012/01/29 19:14

 新人と現職の一騎打ちとなった京都市長選(2月5日投開票)で、共同通信社は26日から28日、電話による世論調査を実施し、情勢を分析した。

 無所属現職の門川大作氏(61)=民主、自民、公明、社民、みんな推薦=が先行。無所属新人の弁護士中村和雄氏(57)=共産推薦=が追う展開となっている。ただ約4割が投票先を「まだ決めていない」と回答しており、情勢は変化する可能性がある。

 政党別では、門川氏は民主、自民両党の支持層の約6割から支持を受けている。中村氏は共産党の約8割を固めた。約5割いる無党派層では門川氏が中村氏を上回った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.