天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

議事録未作成、被災した福島県も/震災発生直後の6日間

2012/01/29 17:29

 東日本大震災を受けて設置された福島県災害対策本部(本部長・佐藤雄平知事)が、発生直後の昨年3月11〜同16日に計33回開いた会合の議事録を作成していなかったことが29日、県への取材で分かった。協議項目が箇条書きされただけで、3月17日から出席者の発言内容が記録されるようになったという。

 震災や東京電力福島第1原発事故に関連する政府の10会議の議事録が未作成だったことが既に明らかになっているが、被災自治体では初めて。

 会議は知事のほか、副知事、各部局長、県警本部幹部、政府関係者らが出席。報道陣にも全面公開されている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.