天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

選管委員を異例の公募制に変更/神奈川県の海老名市議会

2012/01/27 17:55

 神奈川県海老名市議会は27日までに、市選挙管理委員の選出方法を市議による推薦から公募に変更することを決めた。昨年11月の市議選で選管が開票ミスを隠し、選管委員も了承していたことが判明したためで、市議会の担当者は「選管委員の公募は聞いたことがなく、全国でも珍しいのではないか」としている。市議会によると、選管委員4人と補充員4人はこれまで、市内を4地区に分けて地区ごとに市議が推薦した各1人を議長が指名していた。現委員の任期4年は今年12月で終わるため、選出方法を検討していた市議会は25日、「市民の信頼を回復するため、選出に透明性を確保したい」と公募制を決めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.