天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

岩手も東電に1億円超を請求へ/県と26市町村で

2012/01/26 11:51

 東京電力の新妻常正理事(左)に賠償を求める請求書を手渡す岩手県の加藤主税総務部長=26日午前、岩手県庁
 東京電力の新妻常正理事(左)に賠償を求める請求書を手渡す岩手県の加藤主税総務部長=26日午前、岩手県庁

 岩手県は26日、東京電力福島第1原発事故で県と県内市町村が受けた約1億420万円の損害について賠償を求める請求書を東電側に提出した。

 岩手県の東電に対する賠償請求は初めて。県によると、請求したのは、放射線量を測るサーベイメーターなどの機器購入や牛肉検査、除染などで県と市町村が負担した費用のうち、昨年11月末までの確定分。

 岩手県の加藤主税総務部長は「請求に込められた行政側の思いをくみ取って、早期の賠償をしてほしい」と求めた。一関市の勝部修市長は「東電はもっと国に対して救済を強く訴えるべきだ」と苦言を呈した。

 請求の内訳は県分が約5430万円。市町村分は、26市町村の約4990万円。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.