天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

衆院選改革、2月下旬決着目指す/各党が一致 

2012/01/25 13:36

 衆院選挙制度改革に関する協議会に臨む各党代表者=25日午前、国会
 衆院選挙制度改革に関する協議会に臨む各党代表者=25日午前、国会

 民主党は25日、衆院選挙制度改革に関する協議会で衆院の「1票の格差」是正に向けた小選挙区定数の「0増5減」に加え、比例代表定数を80削減するとの改革案を提示し、賛同を求めた。各党は「問題が大きい」と拒否したが、抜本改革の是非も含めて2月25日までの決着を目指すことでは一致した。

 野田佳彦首相は消費税増税への国民の理解を得るため、歳出減につながる大幅な定数削減に強い意欲を示しているが、各党の溝は大きく決着は容易でない。

 自民党の細田博之政治制度改革実行本部長は協議会で「多様な民意を補うのが比例代表だ」として、比例80減の再考を求めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.