天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

大阪市、時代遅れ条例総点検へ/4年ごとに検証し規制緩和

2012/01/21 20:10

 大阪市の橋下徹市長は時代にそぐわなくなった市条例がないか総点検する方針を固め、担当部局に検証を指示したことが21日分かった。年度内に着手するほか、最低でも4年に1度は検証する機会を設け、チェックを継続する仕組みも新設する方向で検討している。

 大阪府知事時代にも同様の手法で、理容師の耳掃除サービスを禁止した条例など7条例を改正した。規制緩和で経済活性化を図る狙いもある。

 市の担当課によると、条例が定める対象が今も存在しているかなど「時代から忘れ去られている条例がないか」(担当職員)を点検する。

 府は当時の橋下知事のもとで09〜10年度に条例を点検。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.