天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

アイヌ民族党が結党大会、政界へ/「多文化共生社会を」

2012/01/21 18:28

 結党大会であいさつするアイヌ民族党の萱野志朗代表(左から2人目)ら=21日午後、北海道江別市
 結党大会であいさつするアイヌ民族党の萱野志朗代表(左から2人目)ら=21日午後、北海道江別市

 アイヌ民族の声を直接国政に反映させることを目指す政治団体「アイヌ民族党」が21日、北海道江別市で結党大会を開き、来年の参院選比例代表に候補者10人を擁立するなどの活動方針を決めた。

 大会では「アイヌ民族の権利回復と多文化・多民族共生社会の実現を図る」との「結党の理念」を承認。代表にアイヌ民族の元参院議員、故萱野茂氏の次男の萱野志朗氏、副代表に詩人の宇梶静江氏らが就任した。

 萱野代表は「自然と調和して生きてきたアイヌの価値観に基づく政策を実現したい」と述べた。

 基本政策に、幼稚園から大学までのアイヌ民族教育機関を設置、などを掲げた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.