天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

首相、発信強化になお課題/「ぶら下がり」拒否続く

2012/01/21 19:37

 野田佳彦首相の発信強化策が政権浮揚につながらない。消費税増税へ理解を獲得するため記者会見やインタビューの機会を増やしたものの内閣支持率は低迷。歴代政権の慣行だった日々のぶら下がり取材を拒み続ける「ご都合主義の発信」(自民党幹部)も一因とみられ、世論対策の練り直しが迫られる。

 「拍手喝采されるテーマを掲げているわけでもないのでウルトラC的に内閣支持率が上がることはない。ぶれないで訴えていくことが必要だ」。首相は17日の内閣記者会とのインタビューで、増税方針を念頭に支持率低迷を分析した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.