天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

原子力の安全規制を強化/推進の記述減り「反省」も

2011/10/28 09:40

 政府は28日、2010年度版のエネルギー白書を閣議決定した。東京電力福島第1原発事故の検証結果を踏まえて安全規制を強化する方針を強調。「これまでの政策を反省し、聖域なく見直す」と明記し、原発推進の意義を強調していた従来の記述を大幅に減らした。

 経済産業省は記述の変更に関し「来夏に向けたエネルギー政策の見直しに、予断を与えないようにした」と説明。具体的な反省点などには踏み込まなかった。

 白書は野田政権の方針に沿って「原発は中長期的に、依存度を可能な限り引き下げていく」とし、再生可能エネルギーの開発や省エネの「強力な推進が重要」とした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.