天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

首相、会見の随時開催で対応/「ぶら下がり」に代え

2011/10/03 15:34

 公務員宿舎朝霞住宅の建設現場を視察し、記者の質問に答える野田首相(中央)=3日午前、埼玉県朝霞市
 公務員宿舎朝霞住宅の建設現場を視察し、記者の質問に答える野田首相(中央)=3日午前、埼玉県朝霞市

 野田佳彦首相は3日午前、今後の取材対応について、記者団から質問を受ける従来の「ぶら下がり取材」に代えて、記者会見を随時開く意向を表明した。公務員宿舎朝霞住宅(埼玉県朝霞市)の視察現場で、記者団に対し「ぶら下がりという形でなく、会見方式のようなものをある程度の頻度でやっていきたい」と述べた。

 首相周辺によると、節目に会見し、冒頭発言後に記者団から質疑を受ける形式が有力だ。ただ菅直人前首相のように、自らの都合のいいときだけ記者会見を開く可能性がある。藤村修官房長官は記者会見で、頻度やタイミングに関し「今後こうしたいということが出てくると思う」と説明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.