天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

所在不明高齢者の年金差し止め/厚労省、対象は618人

2011/02/04 21:18

 全国各地で昨年相次いだ高齢者不明問題で、厚生労働省は4日、追跡調査の結果、新たに所在が分からない年金受給者が553人いたことが判明したと発表した。既に24人については昨年12月までに支払いを差し止め、残る529人も今月支給分から止める。

 死亡が確認された人も65人おり、支払い停止対象は計618人に上る。

 厚労省は、昨年夏に同省や市町村が実施した調査で、居場所が分からないまま年金が支給されていた高齢者の訪問調査を実施。また日本年金機構を通じ、76歳以上で後期高齢者医療を1年間利用していない年金受給者に現況申告書を送ったり、訪問調査をした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.