天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

中教審、宮崎緑氏ら15人新任/教育振興計画改定など課題

2011/02/01 05:02

 高木義明文部科学相は1日付で、中央教育審議会の委員に元NHKキャスターの宮崎緑千葉商科大教授ら新任15人を含む30人を任命した。任期は2年。会長には、15日に開く総会で三村明夫新日本製鉄会長が再任される見通し。

 中教審は2001年の文科省発足後、今回で6期目。12年度中にも予定されている教育振興基本計画の改定や、教員免許更新制の見直しを含む教員の資質向上策などが検討課題となる。

 新任は宮崎氏のほか、スポーツコメンテーターの奥野史子氏、神戸製鋼ラグビー部の平尾誠二総監督、浜田純一東大学長、北城恪太郎日本IBM最高顧問ら。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.