天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 政治一覧 > 記事詳細

反対派対策が野党標的に/罷免副大臣の補充凍結

2005/07/18 16:04

 小泉純一郎首相は、郵政民営化関連法案の衆院本会議採決での「造反」で罷免した4人の副大臣、政務官の補充人事を凍結している。秋に予定される自民党役員人事と併せた「内閣改造」の可能性をにおわせ、焦点の参院での法案採決に向け、自民党内反対派の懐柔策に使いたいとの狙いがあるためだ。

 ところが、野党側は補佐役を失った閣僚に照準を定めて攻勢、政府を揺さぶる格好の材料に利用する構えで、首相サイドの思惑通りとはいかないようだ。

 5日に罷免されたのは滝実法務、衛藤晟一厚労の両副大臣と森岡正宏厚労、能勢和子環境の両政務官。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.