中尾堅一郎氏死去/中尾松泉堂書店会長

2009/07/12 00:45

 

 中尾 堅一郎氏(なかお・けんいちろう=中尾松泉堂書店会長・元日本古書籍商協会長)10日午後7時ごろ、間質性肺炎のため死去、84歳。大阪市出身。自宅は兵庫県芦屋市松ノ内町4の8の501。葬儀・告別式は13日午前11時から、大阪市天王寺区夕陽丘町1の14の曹洞宗春陽軒で。葬儀委員長は水田紀久元関西大教授。喪主は長男隆夫(たかお)氏。

 75年、大阪、京都などの古書店に呼び掛け「阪急古書のまち」(大阪市北区)開業に尽力した。96年に所蔵本が松尾芭蕉の代表作「奥の細道」の自筆本と鑑定され、論争を呼んだ。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459