角谷静夫氏死去/数学者、米エール大名誉教授

2004/08/19 09:52

 

 角谷静夫氏(かくたに・しずお=数学者、米エール大名誉教授)17日、米コネティカット州の病院で死去、92歳。詳しい病名などは不明。自宅は同州ハムデン。

 1911年8月大阪市生まれ。東北大を卒業後、34年から大阪大で数学を講義。40年米プリンストン大に招かれ、ハーマン・ウェイル、ジョン・ノイマン両教授らの研究に参加。41年、数理経済学の基礎となる不動点定理を発表し、世界的に業績が認められた。太平洋戦争が起きて日本に一時帰国し、48年再び渡米。49年にエール大教授に就任し33年間、同大で数学を指導した。

 82年に関数解析の研究が評価され日本学士院賞恩賜賞を受賞した。(ニューヨーク共同)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459