天気予報を見る
 
新聞購読申込
訃報TOP > 全国ニュース > 訃報一覧 > 記事詳細
 
 

星野哲郎氏死去/作詞家

2010/11/15 18:39

 星野 哲郎氏(ほしの・てつろう=作詞家、日本作詩家協会名誉会長、本名有近哲郎=ありちか・てつろう)15日午前11時47分、心不全のため東京都武蔵野市の病院で死去、85歳。山口県出身。自宅は東京都小金井市梶野町3の6の10。葬儀・告別式は19日正午から東京都港区南青山2の33の20、青山葬儀所で。喪主は長男真澄氏、葬儀委員長は作曲家の船村徹氏。

 北島三郎さんの「函館の女」や水前寺清子さんの「三百六十五歩のマーチ」、映画「男はつらいよ」シリーズの主題歌が広く親しまれた。船村氏とのコンビで、北島さんの「風雪ながれ旅」、美空ひばりさんの「みだれ髪」、鳥羽一郎さんの「兄弟船」などもヒットした。

 都はるみさんの「アンコ椿は恋の花」や、小林旭さんの「昔の名前で出ています」も作詞。91年、北島さんの「北の大地」でレコード大賞を受賞。紫綬褒章、勲三等瑞宝章を受章。日本音楽著作権協会会長も務めた。

 

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

 

同じジャンルの記事

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.