天気予報を見る
 
新聞購読申込
訃報TOP > 全国ニュース > 訃報一覧 > 記事詳細
 
 

伊福部昭氏死去/作曲家

2006/02/09 20:57

 伊福部昭氏(いふくべ・あきら=作曲家)8日午後10時23分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去、91歳。北海道出身。葬儀・告別式は14日午前10時から東京都品川区西五反田5の32の20、桐ケ谷斎場で。葬儀委員長は東京芸大名誉教授の松村禎三氏。喪主は長男極(きわみ)氏。

 50年代から「原爆の子」「ゴジラ」など話題作の音楽を担当。「ゴジラ」のテーマ曲は、怪獣の恐ろしさを表現し、外国映画にも大きな影響を与えた。ほかに「ビルマの竪琴」「大魔神」シリーズなどが代表作。

 「日本狂詩曲」など管弦楽、舞踊音楽も多数作曲し、76年から87年まで東京音楽大学長を務めた。03年文化功労者。

 

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

 

同じジャンルの記事

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.