天気予報を見る
 
新聞購読申込
訃報TOP > 全国ニュース > 訃報一覧 > 記事詳細

旭堂南陵氏死去/講談師

2005/08/17 14:15

 旭堂南陵氏(きょくどう・なんりょう=講談師、本名浅井美喜夫=あさい・みきお)17日午前10時10分、肺炎のため大阪府東大阪市の病院で死去、88歳。大阪府出身。自宅は東大阪市出雲井町1の17の211。葬儀・告別式は19日午後1時から大阪市平野区瓜破東4の4の146、大阪市立瓜破斎場で。喪主は長女浅井美知子(みちこ)さん。

 実父の二代目南陵に入門。17歳で大阪の演芸場で講談の修業を始め、旭堂南海の名で初舞台。二代目小南陵を経て66(昭和41)年、三代目南陵を襲名した。上方講談界のけん引役として活躍。一時衰退した上方講談を積極的な自主公演で再生させた。

 

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

 

同じジャンルの記事

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.