豪雨被災のまび記念病院全面再開/柱に3・3メートルの水位記録

2019/02/01 12:13

 

 約7カ月ぶりに業務を全面的に再開した「まび記念病院」。エントランスホールの柱には到達水位の約3・3メートルの位置に線(右上)が引かれた=1日午前、岡山県倉敷市真備町

 約7カ月ぶりに業務を全面的に再開した「まび記念病院」。エントランスホールの柱には到達水位の約3・3メートルの位置に線(右上)が引かれた=1日午前、岡山県倉敷市真備町

 西日本豪雨で被災し、患者らが孤立した岡山県倉敷市真備町川辺の「まび記念病院」が1日、約7カ月ぶりに業務を全面的に再開した。水没した1階部分の改修工事が終了し、臨床検査室やエックス線室などが復旧。災害を忘れないように、エントランスホールの柱には到達水位の約3・3メートルの位置に線が引かれた。

 午前9時の診察前から病院の受付前に患者らが並んだ。自宅が浸水被害を受け、みなし仮設住宅に住む三宅孝子さん(67)はエックス線撮影に訪れた。「いずれ真備に家を建てて戻ってくるつもり。地域に病院があると心強い。全面再開はうれしい」と話した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459