入院患者「通院治療」希望が3割/厚労省調査

2018/09/04 19:30

 

 今後の治療や療養に関する希望を入院患者に聞いたところ「自宅から病院や診療所に通院しながら治療・療養したい」が30・2%に上ることが4日、厚生労働省が公表した2017年受療行動調査で分かった。05年の16・5%から増え続け、14年の前回調査より4・9ポイント上昇。在宅医療体制をさらに充実させる必要性が浮かび上がった。

 厚労省は「自宅で受けられる治療や介護サービスが増え、地域で生活したいという志向が広まったためではないか」と分析している。

 調査は3年ごとに実施。今回は17年10月に全国490病院を対象に外来患者と入院患者の計約14万6千人から有効回答を得た。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459