違法な臍帯血移植、学会が調査へ/「氷山の一角」、除名も

2017/07/04 21:06

 

 美容効果やがん治療などをうたい複数の民間クリニックが違法な臍帯血移植をしていた問題で、日本再生医療学会は4日、各クリニックの治療内容や件数、健康被害の有無などを調査すると発表した。

 摘発されたクリニックのうち5施設に学会の会員が所属しており、調査結果によっては除名処分とする可能性があるとしている。東京都内で記者会見した澤芳樹理事長は「今回の摘発は氷山の一角かもしれない。実態を把握し、健全な再生医療の発展に努めたい」と述べた。

 学会は今後、再生医療に関し、一般の人から相談を受け付ける窓口を開設する方針を示した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459