鳥インフルで21人死亡、中国/江蘇省、1月に

2017/02/10 12:58

 

 【上海共同】中国江蘇省の衛生当局は10日までに、同省で1月に鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の感染者が49人確認され、うち21人が死亡したと明らかにした。同省を管轄する上海の日本総領事館はメールを通じて、鳥との接触を避けるなど在留邦人に注意喚起した。

 中国ではH7N9型の感染者が増加しており、世界保健機関(WHO)は1月に、限定的な人から人への感染が起きている可能性も否定できないとして警戒を呼び掛けた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459