化血研、再発防止誓う碑設置/熊本、未承認製造「心より反省」

2017/02/09 19:35

 

 熊本市の化学及血清療法研究所(化血研)は9日、血液製剤を国の承認と異なる方法で製造し続けた問題を受け、再発防止を誓う碑を敷地内に設置した。薬害エイズ訴訟の約20年前の和解で安全な医薬品製造を約束しながら、守れなかったことなどの反省を踏まえた取り組み。この日開いた除幕式には東京HIV薬害訴訟原告団の関係者も出席した。

 碑は縦125センチ、横90センチ。「(薬害エイズ訴訟の)和解以前から長い期間、不整合、隠蔽など医薬品医療機器法に違反し、大きな過ちを犯しました」と記し「心より反省し、安心と信頼の確保に尽力していくことを決意します」と刻まれている。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459