iPS培養用の布開発、京大/ナノファイバー使い

2017/02/08 19:53

 

 iPS細胞などを大量培養するために開発された、ナノファイバーを使った布を手にする京都大の亀井謙一郎特定准教授=8日午後、京都市

 iPS細胞などを大量培養するために開発された、ナノファイバーを使った布を手にする京都大の亀井謙一郎特定准教授=8日午後、京都市

 京都大の亀井謙一郎特定准教授(幹細胞工学)らは8日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を大量培養するための“足場”となる布を、ナノファイバーなどを使って開発したと発表した。肌着大手グンゼとの共同開発で、コスト軽減につながるという。

 亀井特定准教授によると、布はゼラチンや合成繊維でできており、厚さは1ミリ弱。細胞を表面に付着させてから、培養のための液を入れた袋の中に複数枚、折り畳んで入れるなどする。

 人のiPS細胞で心臓や肝臓などの組織を臨床応用に向けて作った場合、培養皿を使った方法では患者1人につき皿が千枚以上必要。開発した布だと実施スペースが小さくて済む。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459