複雑な心疾患根治に成功/世界初、静岡こども病院

2015/10/15 19:29

 

 静岡県立こども病院(静岡市)は15日、記者会見し、心臓が胸骨の外に飛び出る「心臓脱」など、複雑な先天性心疾患を抱える少女の手術に成功したと発表した。病院によると、大動脈と肺動脈の半分以上が右心室に偏る「両大血管右室起始」も併発する治療が極めて困難なケースで、世界で初めて根治に成功したという。

 手術を受けたのはマレーシア国籍のリー・ウェン・ウィーさん(14)。発表によると、リーさんには胸骨下部が欠損し、心臓の奇形があり「カントレル症候群」に該当する。こども病院に入院し9月2日に12時間に及ぶ心臓血管の手術、同25日には5時間かけて胸郭の形成手術を受けた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459