残土1557トンが基準値超/セシウム、5県の浄水場

2011/07/28 22:05

 

 厚生労働省は28日、福島第1原発事故を受け、浄水場で水をろ過した際に沈殿した残土のうち、宮城、福島、新潟、栃木、群馬の5県の計1557トンから、国の埋め立て基準(1キログラム当たり8千ベクレル)を上回る放射性セシウムが検出されたと発表した。

 厚労省は7月12日時点で、東日本の14都県の浄水場で残土の管理状況を集計。約10万4千トンのうち、1557トンで基準を超えていた。埋め立て処分ができる8千ベクレル以下の汚泥は約4万8千トン。約5万4千トンはまだ測定していない。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459