天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 医療・健康一覧
 
 

医療・健康一覧全国ニュース 医療・健康RSS

少量の血液で卵巣がん診断/発見率は99%

 国立がん研究センターは17日、わずかな量の血液からがんの有無を調べる新しい検査法で、卵巣がんを99%の発見率で見つけることができたと発表した。(10/17 18:53)>>続きへ

 

正常な子宮頸部の一部摘出/長野県の市立病院和解協議

 長野県松本市立旧波田総合病院(現市立病院)で2012年1月、40代女性が受けた子宮筋腫の手術で、正常な子宮頸部の一部を摘出していたことが分かった。(10/17 13:02)>>続きへ

 

米で手足まひの子どもが増加/原因不明、22州で確認

 【ワシントン共同】米疾病対策センター(CDC)は16日、手や足がまひする原因不明の症状を訴える子どもが国内で増加しており、今年は127人に上っていると発表した。(10/17 08:18)>>続きへ

米で手足まひの子どもが増加

厚労省、労災対象疾病に明記へ/ぼうこうがんの原因物質と認定

 厚生労働省の専門家検討会は16日、染料や顔料の原材料となる化学物質「オルト―トルイジン」と、ぼうこうがん発症との因果関係が確立していると認定し、扱う業務に従事し…(10/16 19:20)>>続きへ

 

風疹1100人超、昨年の12倍/首都圏で拡大

 首都圏を中心に風疹の流行が拡大し、国立感染症研究所が16日に発表した集計で、今年の累積患者数が昨年の12倍近い1103人となった。(10/16 10:57)>>続きへ

風疹1100人超、昨年の12倍

魚食べないと大動脈病に、筑波大/死亡リスクは約2倍

 魚をほとんど食べない人は食べる人に比べ、大動脈瘤や大動脈解離で死亡するリスクが約2倍になるとの研究結果を、筑波大と国立がん研究センターのチームが15日発表した。(10/15 20:43)>>続きへ

 

日本とインド、医療協力を強化/29日の首脳会談で合意へ

 インドで深刻化する医師や医療インフラの不足に対処するため、日本政府が、日本医学会を通じた医師派遣など救急医療分野でインドとの協力関係を強化することが14日、分か…(10/14 17:53)>>続きへ

日本とインド、医療協力を強化

子宮頸がんワクチンは重要/日本医師会が講演会

 日本医師会などは13日、子宮頸がんワクチンの有効性や安全性について考える講演会を都内で開いた。(10/13 20:14)>>続きへ

子宮頸がんワクチンは重要

審査委、再生医療計画逸脱を指摘/韓国人ら数百人治療、兵庫の医院

 兵庫県伊丹市の「第2西原クリニック」がアトピー性皮膚炎などの自己免疫疾患の患者に幹細胞を投与するとして承認された再生医療を、治療計画に明示しなかった病気の患者に…(10/11 19:43)>>続きへ

 

がん疑い診断2度見落とし、愛知/治療開始2年遅れ

 愛知県がんセンター愛知病院(同県岡崎市)は11日、同県幸田町の60代男性のコンピューター断層撮影(CT)検査で、2度にわたり肺がんの疑いが指摘された診断結果を医…(10/11 18:56)>>続きへ

 

まばたき12秒我慢できる?/順大がドライアイ点検法

 まばたきを約12秒我慢できなければドライアイかも。(10/11 05:39)>>続きへ

 

仏、日焼けサロン使用停止勧告/国立機関が発がん性指摘

 【パリ共同】フランスの国立食品環境労働衛生安全庁は10日、日焼けサロンで使用される人工的な紫外線による皮膚がん発症の危険性が「明らかだ」として、行政当局に対し「…(10/11 04:58)>>続きへ

仏、日焼けサロン使用停止勧告

高額新薬「保険適用」の声相次ぐ/厚労省の審議会

 米国では1回5千万円超の治療費がかかる白血病治療薬「キムリア」の国内承認を前に、厚生労働省は10日、社会保障審議会の医療保険部会を開き、新薬を保険適用する際に費…(10/10 21:27)>>続きへ

 

3人に2人が寿命90歳/若い女性、厚労省推計

 1990年生まれの女性の場合、65歳まで生きれば3人に2人が90歳まで長生きする―。(10/10 19:39)>>続きへ

 

藤田医科大に校名変更、愛知/藤田保健衛生大

 藤田保健衛生大(愛知県豊明市)は10日、校名を「藤田医科大」に変更した。(10/10 16:19)>>続きへ

 

風疹患者、昨年の10倍に/4週連続で100人超

 国立感染症研究所は10日、9月30日までの1週間に新たに134人の風疹患者が報告され、4週連続で100人を超えたと発表した。(10/10 11:24)>>続きへ

 

ワクチンで高い予防効果/子宮頸がん、新潟大調査

 新潟大医学部の榎本隆之教授(産科婦人科学)らの研究グループは9日までに、子宮頸がんワクチンの接種者と未接種者で、発がん性の高いタイプのウイルス感染率を比較した結…(10/09 14:05)>>続きへ

 

()>>続きへ

()>>続きへ

()>>続きへ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.