天気予報を見る
 
新聞購読申込

WHO、スマホに音量制限機能を/若者11億人に難聴の危険

2019/02/13 05:54

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は12日、スマートフォンなどの携帯音楽機器で長時間、大音量の音楽を聴き続けると聴覚障害になる恐れがあるとして、音量制限機能などの搭載を求める国際基準を発表した。現状では、世界の若者(12〜35歳)の半数近くに当たる11億人が難聴になる危険性が高いと警告した。

 国際基準は国際電気通信連合と共同で策定。安全利用の目安を大人で音量80デシベル、子どもで75デシベルを1週間に40時間までとし、機器にどの音量をどのくらい聴いたか明示する機能を付けるべきとしている。大音量で聴き続けた場合、自動的に音量を下げる機能も必要とした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.