天気予報を見る
 
新聞購読申込

札幌市の父娘が「はしか」発症/モルディブ旅行から帰国

2019/02/09 21:45

 札幌市は9日、同市中央区の30代の男性会社員と1歳の長女がはしかを発症したと発表した。2人は先月21〜25日に旅行でインド洋の島国モルディブに滞在しており、市は現地で感染した可能性が高いとみている。

 市によると、2人は同26日に帰国し、いずれも今月4日に発症。市内の医療機関を受診し、検査の結果、8〜9日にはしかと確定した。発熱や発疹といった症状が出たが、快方に向かっており、自宅で療養している。

 今年の北海道での感染者は計3人となった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.