天気予報を見る
 
新聞購読申込

風疹接種、まず男性39〜46歳/今春から無料に、厚労省

2019/01/24 20:38

 厚生労働省は24日、風疹の新たな対策として始まる成人男性への定期接種について、まずは39〜46歳を対象にすると明らかにした。今春以降、対象者には市町村から風疹の免疫の有無を調べる「抗体検査」の受診券が送付される。

 風疹は昨年、2917人の患者が報告され、問題となっている。子供のころに定期接種の機会のなかった成人男性が患者の多くを占め、厚労省は昨年12月、39〜56歳の男性を対象に3年間、抗体検査とワクチン接種を原則無料にすると決めた。

 2019年度は、特に患者が多い1972年4月2日〜79年4月1日生まれの人に絞って検査を促すことにした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.