天気予報を見る
 
新聞購読申込

膵臓がん切除前の投薬に効果/東北大、生存期間の延長を確認

2019/01/24 09:48

 膵臓がんを切除する前に抗がん剤を投与することによって、今の標準的な治療法よりも患者の生存期間が平均で約10カ月長くなったとの研究結果を東北大のチームが24日までに発表した。

 チームは全国57病院で、手術可能と判断された79歳以下の成人患者約360人を対象に研究を実施。標準的に行われている手術後に抗がん剤治療を受けたグループと、手術前にも抗がん剤治療を受けたグループに分けて治療効果を比較した。

 この結果、手術前に抗がん剤を服用したグループの平均生存期間は約3年で、標準治療よりも約10カ月長かった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.