天気予報を見る
 
新聞購読申込

子宮移植、日本医学会で議論/慶応大の臨床研究の計画

2018/12/08 19:08

 日本産科婦人科学会は8日、生まれつき子宮がない女性に第三者の子宮を移植する慶応大の臨床研究の計画について、さまざまな医学系学会が加盟する日本医学会で検討する方針になったと発表した。

 この治療は妊娠出産が目的だが、安全性や倫理面の課題について、臓器移植や生殖、生まれた子のケアなど幅広い観点から実施の是非を議論する必要がある。このため、多分野の専門家が参加しやすい日本医学会に依頼したという。

 慶応大が11月に日本産科婦人科学会と日本移植学会に見解を聞くために計画案を提出したのを受けた。海外では出産例があるが、国内で実施されれば初のケースとなる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.