天気予報を見る
 
新聞購読申込

医師の残業、上限超え設定/若手、地域医療さらに長く

2018/12/05 15:36

 医師の働き方改革を巡り、厚生労働省は5日、2024年4月から勤務医に適用される残業時間の上限について、働き方改革関連法で定められた一般労働者の上限「年720時間以内」を超える時間を設定する方針を示した。地域医療の核となる病院の医師や、専門技能を学ぶ若手はさらに上限を緩和。長時間残業を認める代わりに、終業から始業まで一定時間を空ける「勤務間インターバル」などの健康確保策を義務化する。

 厚労省が5日、医療関係者らでつくる検討会に「考え方の案」を示した。過労死防止の観点から始まる制度で長時間労働を認める形になり、妥当かどうか議論を呼びそうだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.