天気予報を見る
 
新聞購読申込

脳死女性の子宮移植し出産/ブラジル、世界初か

2018/12/05 11:35

 ブラジル・サンパウロ大のチームは5日までに、脳死になった女性から子宮の移植を受けた女性が女児を出産したと、英医学誌ランセットに発表した。生存している女性からの子宮提供で子どもが生まれた例はあるが、脳死提供での出産は世界初だとしている。

 チームによると、2016年9月、くも膜下出血で脳死になった45歳の女性から子宮を摘出。生まれつき子宮がない「ロキタンスキー症候群」の30代の女性に移植し、拒絶反応を抑える薬の投与を始めた。

 約7カ月後、体外受精で作製した受精卵を着床させると、女性は妊娠。17年12月に女児を帝王切開で出産し、子宮も摘出した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.