天気予報を見る
 
新聞購読申込

風疹流行で抗体検査に重点/39〜56歳男性対象

2018/11/29 13:41

 風疹のワクチン接種
 風疹のワクチン接種

 厚生労働省の感染症部会は29日、流行が拡大する風疹を巡り、過去に予防接種を受けておらずリスクの特に高い39〜56歳男性を対象に、免疫を調べる抗体検査などの重点的な対策を進めることを決めた。検査や予防接種の実質無料化を視野に入れ、引き続き議論する。

 患者は30〜50代男性に多い。部会では、子供のころに公費による予防接種の機会がなかった39〜56歳男性に抗体検査を行い、免疫の低い人にワクチンを接種することが重要とされた。2020年の東京五輪・パラリンピックまでの流行終息を目指す。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.