天気予報を見る
 
新聞購読申込

ゲノム編集で双子、研究者処分も/中国政府、調査表明

2018/11/27 23:23

 【北京共同】中国の研究者が遺伝子を自在に改変できるゲノム編集技術により双子が誕生したと主張していることについて、中国科学技術省幹部は27日、事実なら違法との認識を示し、出産が確認され次第、関連法に基づいて処分することになると指摘した。国営の中央テレビ電子版が伝えた。

 人為的な遺伝子書き換えによる出産の報道に、世界中の研究者から倫理や安全面で問題視する声が殺到。中国の習近平指導部は事態を深刻視しており、国家衛生健康委員会は事実関係を調査すると表明した。

 一連の実験に携わったと伝えられる深センの病院は27日、関与を否定する声明を発表した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.