天気予報を見る
 
新聞購読申込

京大病院で心臓手術の患者死亡/医療事故、60代女性

2018/11/26 17:33

 記者会見で謝罪する京都大病院の稲垣暢也病院長(中央)ら=26日午後、京都市
 記者会見で謝罪する京都大病院の稲垣暢也病院長(中央)ら=26日午後、京都市

 京都大病院は26日、6月に実施した60代の女性患者の心臓手術で、肺動脈カテーテル(細い管)で心臓を傷つける医療事故があり、女性が約4カ月後に低酸素脳症で死亡したと発表した。カテーテルの位置を調整しようと引き抜こうとした際、心臓を損傷、出血したとしている。

 稲垣暢也病院長は京大病院で記者会見し「肺動脈カテーテルの使用に関するルールに不十分な点があり、患者さんがお亡くなりになった。ご家族に深くおわび申し上げます」と謝罪した。

 女性は大動脈弁狭窄症と診断され、人工弁に置き換える手術を行うため、直径約3ミリのカテーテルを手術前に首から肺動脈に挿入しようとした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.