天気予報を見る
 
新聞購読申込

脊髄損傷に初の再生医療承認へ/厚労省、7年間の条件付き

2018/11/21 20:49

 厚生労働省の専門部会は21日、ニプロ(大阪市)が札幌医大と開発した脊髄損傷に対する治療用の幹細胞「ステミラック」を再生医療製品として承認していいとの意見をまとめた。年内にも正式に販売を認め、公的医療保険の適用も検討する。脊髄損傷に対する細胞治療として初の実用化となる見通し。

 ただ現時点では、安全性は確認されたが効果はある程度見込めるという段階のため、7年間の条件付き承認となる。この間に90人の患者に細胞の投与とリハビリを実施。リハビリだけの患者よりも回復することを示せれば、販売が継続できる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.