天気予報を見る
 
新聞購読申込

血糖値測定レンズの開発「停止」/グーグル系医療関連会社

2018/11/17 06:51

 【ニューヨーク共同】米グーグルの持ち株会社アルファベット傘下の医療関連会社、ベリリー・ライフ・サイエンスは16日、血糖値を常時測定できるコンタクトレンズの開発停止を決めたと発表した。糖尿病の患者向けに2014年から研究開発を続けていたが、早期の実用化は難しいと判断した。

 コンタクトレンズに付いているセンサーが涙の成分を測定し、携帯端末に送信する仕組みを想定していたが、ベリリーは、涙からブドウ糖を正確に測定するのは難しく、医療器具で求められる水準に達しなかったと説明している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.