天気予報を見る
 
新聞購読申込

エボラ輸入方針「根気よく説明」/厚労相、研究施設周辺住民へ

2018/11/16 11:58

 エボラ出血熱など危険な感染症の検査体制を強化するため国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)に原因ウイルスを輸入する方針について、根本匠厚生労働相は16日の閣議後の記者会見で「住民が懸念する気持ちも十分理解できる。丁寧に根気よく説明し理解を得られるよう努めたい」と述べた。

 時期について「東京五輪・パラリンピックで多くの訪日客が見込まれ、感染症の発症リスクの増加が懸念される」と話し、五輪が開かれる2020年までの輸入を目指す考えを重ねて示した。厚労省は病原体を輸入して所持することで検査精度が高まると説明している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.