天気予報を見る
 
新聞購読申込

iPS治験、患者ら喜びの声/パーキンソン病、「前進感じる」

2018/11/09 16:57

 京都大が人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使ったパーキンソン病患者への治験を行ったことを発表した9日、難病に苦しむ患者たちは「治療法の確立に向け前進を実感する」と喜びを語った。

 「東京都パーキンソン病友の会」(東京都中野区)の平峯寿夫会長(70)は、自身がパーキンソン病を患う。「今回の発表を聞いて、一歩一歩着実に前進していると感じた。治験結果の良い報告を患者一同心待ちにしている」と期待する。

 その上で「iPS細胞がパーキンソン病の治療に役立つと分かれば、別の難病患者も光が差したと思うのではないか」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.