天気予報を見る
 
新聞購読申込

成人男性に風疹対策を/専門家が厚労省に要望

2018/11/07 19:24

 流行拡大が続く風疹について、日本小児科学会や日本産科婦人科学会など17団体が加盟する予防接種推進専門協議会は7日、職場の健康診断で風疹に対する免疫を調べる抗体検査を行うなど、企業と連携して流行の中心となっている30〜50代の男性への対策をすべきだとの緊急要望書を、厚生労働省に提出した。

 ワクチン接種が受けられない妊婦の感染を防ぐことが目的。接種率が低く免疫が十分でない年代の成人男性を対象に、費用助成があり、副作用の救済もされる接種制度を作ることも要望した。

 また、ワクチンが不足する恐れがあるため、直ちにメーカーに増産を依頼すべきだとした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.