天気予報を見る
 
新聞購読申込

熊本県知事、水俣病患者と懇談/介護支援の新施設検討

2018/11/05 20:26

 水俣病患者と懇談する熊本県の蒲島郁夫知事(右端)=5日午後、熊本県水俣市
 水俣病患者と懇談する熊本県の蒲島郁夫知事(右端)=5日午後、熊本県水俣市

 熊本県の蒲島郁夫知事は5日、同県水俣市にある水俣病患者の交流施設「遠見の家」を訪ね、患者らと懇談した。今年は国が公害病と認定してから50年。高齢化が進む患者側からは、家族と一緒に入居できる介護施設を求める声が上がった。県側は「被害者に寄り添い、できることは何でもしたい」(蒲島氏)と応じ、新たな支援施設を整備できるかどうかを検討する姿勢を示した。

 県環境生活部によると、特別養護老人ホームに準じたものを設けた上で運営を民間委託する案をはじめ、さまざまな形を検討していくという。蒲島氏や県の担当者は、実現の具体的な見通しについて、懇談の場で明言しなかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.