天気予報を見る
 
新聞購読申込

代理出産、40%が容認/賛否に年代差も、東大調査

2018/11/01 03:00

 子宮が生まれつきなかったり、病気で摘出したりした女性の代わりに第三者に出産してもらう「代理出産」を「認めてよい」と考える人が40%以上いるとの調査結果を東京大のチームが31日、発表した。

 第三者に卵子や精子、受精卵を提供してもらい妻の子宮に入れる不妊治療に関しては、賛成が36・2%、反対は26・6%、分からないは37・3%だった。反対したのは、50代男性が35・6%だったのに対し、20代男性では20・8%となるなど、男女共に年齢が高いほど否定的になる傾向がみられた。この治療で生まれた子に遺伝上の親を知る権利を認めるかどうかについては46・3%が賛成した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.