天気予報を見る
 
新聞購読申込

がんの子へ再度予防接種を/治療で免疫低下、親ら訴え

2018/10/31 08:30

 国立がん研究センター中央病院=東京都中央区
 国立がん研究センター中央病院=東京都中央区

 骨髄移植や抗がん剤投与で、風疹などの予防接種で得た免疫が弱まる―。がん治療でこんな悩みを抱える人たちへの支援を広げようと、小児がん患者を中心に再接種費用を補助する自治体が増えている。しかし対象が限られるなど課題は残り、親たちは一層の取り組みが必要だと訴えている。

 国立がん研究センター中央病院(東京)の岩田敏感染症部長によると、骨髄移植などをした場合、それまでに得た免疫は消えるか、働きが弱まる。移植された細胞を免疫細胞が「自分でない」と認識し攻撃しないよう、免疫抑制剤などを使うためだ。抗がん剤でも免疫が低下することがある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.