天気予報を見る
 
新聞購読申込

多目的医療用ヘリ運航開始、福島/原発事故からの復興進む沿岸部で

2018/10/29 18:10

 福島県沿岸部で患者や医師の搬送に使う多目的医療用ヘリ=29日、福島県富岡町(福島県提供)
 福島県沿岸部で患者や医師の搬送に使う多目的医療用ヘリ=29日、福島県富岡町(福島県提供)

 福島県は29日、東京電力福島第1原発事故からの復興が進む県沿岸部で、患者や医師の搬送に使う多目的医療用ヘリの運航を始めた。原発事故の避難指示解除に伴い住民が戻りつつある地域で、医療体制を充実させるのが狙い。県によると、幅広く活用できる医療用ヘリコプターの導入は全国初の取り組みという。

 この日は拠点とする県立ふたば医療センター付属病院(同県富岡町)から、同県郡山市の病院に患者を搬送した。

 ヘリは患者を専門医療が受けられる他の病院に搬送したり、緊急時に他の病院から専門医や医療資機材を運んだりする。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.